法人で銀行の口座開設にホームページ作成が必要ならフルスイング


法人で銀行の口座開設にホームページ作成が必要ならフルスイング


会社を設立して一番重要なものは「銀行口座」ですね。これからいろいろな取引をはじめて支払いをするにも、入金してもらうにも、自分の会社の銀行口座がなければ何も前に進みません。

法務局で法人の設立登記をして、税務署に設立届を提出すれば会社自体は出来上がりますが、銀行口座という会社のお財布を一日も早くつくって法人での振り込みや口座番号を記載した請求書の発行をしていく必要があります。

そんな急ぎの準備課題となる口座開設と、会社の公式ホームページ作成、一見何の関連もないように思われますが実はとっても重要な結びつきがあります。ここでは会社の口座開設とホームページについてわかりやすく説明してみたいと思います。




法人(会社)の銀行口座開設は審査が厳しい?

会社にとって一日も早く準備しておきたい銀行口座ですが、その口座開設の審査が年々厳しく・難しくなってきていることをご存知でしょうか?

少し昔までは「会社名」で比較的楽に口座を開設することが可能でした。ですが、様々な犯罪や金融詐欺のようなことに簡単につくれる銀行口座が悪用されるケースが多発しているため、最近は口座開設の際に会社の審査を厳しくおこなうようになってきています。

お金そのもののやりとりができる口座ですから当然と言えば当然なことですね。金融機関としても新しくできた会社がどんな会社でどの程度信頼できるのか事前にチェックしたうえで開設の可否を判断したいでしょうし、それは金融機関外の誰もが思うところだと思います。

厳しい審査は重要、でも一日も早く口座をもちたい創業期の会社としては、できるだけスムーズに開設をしたいというのも本音でしょう。




都銀(地銀)とネット銀行の両方がおすすめ

銀行には都市銀行(地方銀行)とネット銀行があり、それぞれにメリットとデメリットがはっきりと存在します。だからこそおすすめなのは都市銀行(地方銀行)とネット銀行の両方で会社の口座をもっておくこととと言えます。

一般的に同じ地域(エリア)内での取引であれば同じ地銀口座を有している可能性も高く振込するときも振込されるときも利便性が高いというのが地銀口座の最大のメリットです。管轄の地銀で開設することで事業のネットワークづくりにも役立ちます。

反面、入金の確認をするためには基本的に銀行やATMで通帳記入をする手間がかかります。パソコンやスマホで確認できるオンラインバンキング機能もありますが、個人と異なり法人の場合の月額使用料は結構高いため創業期には負担が大きく、入出金管理の面にデメリットがあると言えます。

そのデメリットを十二分に補って活躍してくれるのがネット銀行です。ネット銀行では口座を開設すれば24時間365日パソコン上で入出金管理をすることができます。振込手数料も比較的安く使い勝手がいいためいろいろな場面で役立ちます。よくある「あっ!!しまった!」という局面でも活躍してくれます。県外取引の指定口座としてや、事務所の光熱水費の管理用としてネット銀行を活用されている会社が多いようです。

多くの会社・企業が都銀(地銀)とネット銀行の両方を支持している理由がここにあります。




口座開設の手続きと審査について

都市銀行や地方銀行の場合は、法人を設立したときの謄本(全部事項証明書)や設立届、印鑑証明書、設立定款、会社案内といった書類を揃えて法人の代表者が窓口に行く必要があります。地方銀行の場合は会社の登記地によって担当となる支店が決まっている場合がありますので不明な場合は事前に確認して出向きましょう。即日で開設できる場合もあれば、銀行によっては審査確認のため数回行く必要がある場合もあります。

ネット銀行の場合は、オンラインで開設の申込が可能です。その後必要な書類を郵送するなどして審査を受けます。審査期間は銀行によって異なるだけでなく、会社の書類や情報によっても異なります。

地方銀行もネット銀行も審査は厳しくなってきているのは前述したとおりではありますが、どの銀行でも共通するのは「その会社がどこで、誰を相手に、どんなサービスや商品を販売する事業をするのか?また、実態としてその事業が存在しているのか?」といった信用を確認する点です。




口座の開設にホームページの作成は必要?

ではそろそろ本題です。口座開設申込時の必要情報に会社公式ホームページURLを求められるケースがあります。何を審査に必要とするのかは銀行独自ですので、ホームページがすべての銀行の審査通過に必要というわけではありません。ただし、犯罪防止のための審査厳格化によりホームページの確認が必要となる銀行も多くあります。事実ネット銀行では書類に加えホームページも求められるケースが増えています。

会社の存在や活動をPRするのはパンフレットもホームページも同じです。では、なぜホームページも確認する傾向にあるのでしょうか?

そこにはホームページがもつ「企業信用度」があります。今は誰もが簡単にスマホやパソコンで会社を検索できる時代、そういう取り組みができているということ自体もひとつの「信用度」ですし、世界に一つしかない独自のドメインをしっかりと取得して作成されたホームページというのは会社の資産そのものということができます。会社の資本金にホームページを現物として計上することができるほど、ホームページを作成していることは「信用度」の向上につながります。

このためネット銀行だけでなく都市銀行や地方銀行でも審査のなかで会社のホームページを確認することが増えているのです。

審査に必須な銀行の口座をご希望であれば事前につくることはもちろんのこと、仮に必須ではない銀行であったとしても、しっかりとした公式ホームページの存在が審査をスムーズに通過し開設を実現する大きなポイントとなります。

ここでいうしっかりしたとは無料のブログなど不特定多数が使用しているURLではなく、会社専用に取得した〇〇〇.jpだったり〇〇〇.comといった固有のドメインにおいて構築されたものを言います。




創業期のホームページ作成ならフルスイングにおまかせ

フルスイングでは会社設立前後といった創業期の皆様を支援しています。銀行口座に必要だからという理由ももちろんOKですが、会社にとってホームページは資産でもあり、24時間365日働いてくれる営業社員でもありますので、ビジネスにとって必要だからという理由ももちろん大事です。

ビジネスがいろいろであるように、ホームページに求められるものも様々です。名刺代わりのシンプルなもの、自社のスタッフで更新できる機能のあるもの、商品のブランディングのためのもの、採用を目的としたもの、商品の販売機能をもったもの、会社までの道案内をメインとするもの・・・その他いっぱいあります。

もちろん、費用(価格)も重要です。創業期の予算は使途が決められたものが多く、事前に想定されている「予算」が何より重要です。「時間」も限られます。ですので多くの経営者様(クライアント様)には遠慮なく創業準備としてホームページに確保できる「ご予算」をお伝えいただいております。

ご予算と期間だけでなくどんなホームページが希望なのかどうぞお気兼ねなく以下のフォームよりご相談ください。そのなかで何が可能なのかも含めて弊社(フルスイング)よりご回答差し上げます。補助金などのご活用相談も可能ですのでどうぞお気軽に(緊張されずに)お問い合わせください。

ご予算等の範囲内で弊社からご提案するものが御社の意向と一致しない場合も、どうぞ遠慮なくお断りいただいても構いません。創業期の限られた少ない時間を大事にされてください。


無料ご相談はこちら ※全国対応も可能です

お気軽にご相談ください。気になる疑問や不安は解消していきましょう!

お名前 ※必須


会社名 ※必須


役職 


お電話 ※必須


Email ※必須


ご住所 ※必須


ご予算 ※必須


ご相談内容 ※必須
できる限り詳しくご記入ください


  



ホームページ制作・デザイン フルスイング株式会社|熊本

TOP