野菜をネット販売する方法|農家が野菜をネットで売るために大事なこと

written by Kawaguchi

野菜をネット販売する方法|農家が野菜をネットで売るために大事なこと

自分たちで栽培した野菜をネットで販売したい農家(個人も法人も)の皆さんへ。インターネットで野菜を売る方法と販売のコツのノウハウをわかりやすく教えます。


なぜ今野菜のネット販売なのか?

今、様々な商品やサービスがインターネットを通じて売買されていますが、お野菜や果物などの農作物についてもPCやスマホからネット販売で購入する消費者が増えてきています。全国的に消費者のヘルシー志向や安全志向が強まってきており、信頼できる農家さんが、こだわって手塩にかけてつくった安全安心のお野菜や果物を直接購入したい!という要望が強くなってきているためです。

近くでも購入できる野菜をあえてネットで販売されているものを選ぶというところに、私たちの食やモノに対するこだわりの強さがはっきりと見て取れます。値段ももちろん大事ですが、自分や家族が口にするものは、どこの農家さんがどんな方法でどんなこだわりをもって作ったのかというひとつの野菜にある背景を知ったうえで納得したものを買いたいと多くの消費者が考えるようになってきています。

このような消費者のこだわりの醸成は、個人で農業をされている農家にとってまさに大きなチャンス。とはいっても今までと同じように野菜を卸しているだけでは何も変わりません。消費者の野菜へのこだわりというチャンスをつかむためには、自分の作る野菜はこういう野菜なんだということを個々にPRしながら、インターネットを利用して自分で販売することが大事になります。

野菜をネットで売るメリット

・消費者に直接販売をすることで売上や利益が確保し易くなります
・既存の販路に加え複数の販路を持つことで経営の安定にも繋がります
・自分の考えやこだわりを理解してもらったうえで購入してもらえます
・全国の消費者の生の声や反応がダイレクトに伝わります
・「あなたがつくる野菜」を買いたいという固定客ができます
・自分でつくった野菜を自分で評価して販売価格を決められる
などなど

野菜のインターネット販売のメリットは、まだまだ数えきれないほどのメリットがあります。でもやっぱり一番大切なメリットは「自分がこだわりをもって愛情かけて育てた野菜を実際に食べる人がそのこだわりを理解してくれる」というところですね。こんなに手間をかけてつくられた野菜なんだと知って食べる野菜はいつも以上に美味しく感じるものですし、何よりそうやって野菜へのこだわりを知ってもらえることが農家にとって一番の喜びです。

農家や農業はお仕事ですので、野菜を卸したり販売してお金をもらうことももちろん大切ですが、おいしいとか安心して食べられるという反応をいただけることこそが野菜をネットで売るメリットだと思います。

ネットで野菜を販売する方法~小さく始めよう~

ネットで野菜を販売するためには、お店をつくらなければなりません。これはリアルビジネスでも同じですね。商品があってもそれを買えるお店がなければお客様は買い物ができません。ネットで販売するためのお店のことを「ネットショップ」とか「ECサイト」と呼びます。

「これからどんどんネットで売っていくんだ!」という気持ちはもちろん大切ですが、だからといってネット販売がはじめての農家さんが大きなお金をかけて巨大なお店(ネットショップ)をつくることはおすすめしません。

今自分たちが持っている商品をどのくらいの金額でどのくらいの人に向けてPRすればどのくらい反応があるのか?というところが一番大事になってきますので、初期費用はできる限り抑えつつ、実際のネット市場でお客さんの反応を探っていきましょう。

弊社フルスイングは、ネットショップを制作したりショップの運営をお手伝いしている会社ですが、ネットショップは大きければいいとは考えておりません。場合によってはネットで販売する商品を絞って規模を小さくすることをおすすめすることもありますし、ネット販売よりもブランディングをおすすめすることもあります。

「小さく生んで大きく育てる」

これこそがネット販売をはじめる上で重要なことです。不安なことや、気になることは人それぞれではありますが、費用のこと、運営のこと、集客のこと、などなど何でもお気軽にご相談ください。

TOP