小規模事業者持続化補助金を活用したネット広告のことなら|熊本

補助金を活用してネット広告するなら

今や広告の市場規模はネット広告がテレビを上回っており、事業拡大や販路拡大のための重要な集客手段としてネット広告が重要視されています。新型コロナウイルスの感染拡大により多くの事業者が自粛による影響を強く受けていることもあり 、国としても対面での集客が減少してしまう対策として非対面での集客に力を入れるべくウェブサイトの活用をはじめ、オンライン設備や広告といった非対面で売上を底支えする支援を経済対策の一環として打ち出しております。

その柱ともいえるのが「補助金を活用したインターネット広告による非対面集客と売上の拡大支援」です。以前は補助金の対象経費のなかに「ネット広告」は明記されておりませんでしたが、今は公募要領のなかの対象経費に明記されている補助金もあります。

なかでも全国の中小企業事業者さんにおすすめなのが「小規模事業者持続化補助金」です。毎年公募が行われており、商工会議所や商工会に行って申請する補助金になります。申請自体は事業者本人が商工会議所や商工会の方のアドバイスを受けながら申請提出する必要がありますが、申請書のボリュームもさほど大きくなく、採択されるためのポイントや加点事項など教えてもらいながら作成できます。また申請に際し、商工会議所や商工会の会員である必要はありません。

小規模事業者持続化補助金 補助率2/3 補助額最大50万円

補助率は、驚きの2/3。実質負担が約1/3になるメリットの大きい補助金です。たとえばネット広告にかかる経費が60万円の場合、40万円が返ってきますので、差引約20万円の負担で60万円分の広告を打つことが可能です。

中小企業にとってとてもありがたく、とてもお得な補助金ではありますが、お得だからという理由だけで補助金を活用するのではなく、自社の商品やサービスをネット広告でPRすることでビジネスをどう発展させていきたいのかという計画も大切です。

もともとネット広告を検討していてタイミングよく補助金の公募があった場合などは文句なしでスピード感をもって申請・活用されていいと思います。逆に補助金の情報で「ネット広告による販路拡大」を知ったという事業者の方もたくさんいらっしゃると思いますが、その場合は申請の前にどのくらいの費用でどのくらいの集客を目指していくのかということをある程度イメージしておくことが大事になります。また補助金の採択審査においても、事前にそのような調査をしてイメージをつくった上でどういう広告を戦略としてやっていくのかという背景があるのとないのとでは申請書として与える印象も全く異なってきます。

実際にネット広告を運用する業者が決まっている場合を除き、これから補助金を活用してネット広告にチャレンジしてみたいという事業者様がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。

弊社代表の川口(くまもと産業支援財団経営技術支援派遣専門家兼務)よりネット広告の仕組みや集客のメリットをはじめ、気を付けるべきポイントや補助金の活用法などについてご説明いたします。

フルスイング株式会社は熊本のIT企業ではありますが、見込客ターゲティングに強いインターネット広告の代理店として全国の中小企業様の広告運用支援をおこなっておりますので、事業者の所在都道府県に関係なくご相談いただけます。


TOP