熊本|小規模事業者持続化補助金を活用したホームページ作成

NEW!新型コロナウイルス影響事業者への支援策決定!

2020年に入ってから日本国内において大きな影響を生んでいる新型コロナウイルス。直接的なお客様の減少や売上減といった影響をはじめ、仕入れや取引先の状況まで様々な悪影響が生じつつあります。小規模事業者持続化補助金はもともと予算措置が取られていましたが今回新型コロナウイルスによる影響を受けた事業者の優先支援策の一環としても活用されることになりました。補助金予算は決められておりますのでお早目の申請準備をおすすめいたします。弊社でも補助金申請について以下のフォームでも無料相談を受け付けておりますのでお気軽ににご相談ください。

フルスイング株式会社 代表取締役 川口
(くまもと産業支援財団 経営技術支援専門家)


制度概要について



熊本そして全国の事業者の皆様、事業者向けの補助金制度にはいくつかありますが、会社のホームページの作成やお店のネットショップ構築といった経費が補助金の対象となって、負担の一部が戻ってくることをご存知でしょうか?

その補助金とは「小規模事業者持続化補助金」といいます。管轄の商工会議所や商工会を窓口として申請を行い、採択されれば、対象経費の2/3が指定の口座に交付されます。

持続化補助金のメリットはなんといってもその補助率の高さ。年度によって条件が変わることがありますが、補助率3分の2ということは、75万円のうち実に50万円が戻ってくるということになります。

気になる情報は誰もがいつでもスマホで調べられる時代、ホームページは会社やお店にとって欠かすことのできない営業ツールではありますが、作成費用がネックとなってついつい後回し・・・という事業者様も多くいらっしゃいます。

そんなとき小規模事業者持続化補助金を活用してホームページを制作すると、実質的なご負担は1/3で、念願の公式ホームページを導入することが可能です。


申請について



補助金の申請は、お近くの商工会議所や商工会に行って申請書を作成する必要がありますが、常駐している支援員の方が申請書の書き方についてサポートしてくれますので、初めての方でも安心して申請にのぞむことができます。

とはいっても申請さえすれば誰でも採択されるわけではなく、審査に合格するような申請書をがんばって書くことが重要です。市場の状況や競合から将来計画まで見つめなおすとてもいい機会ですので商工会議所や商工会の支援員さんと作りこんでいきましょう。

そもそも忙しくて相談にいく時間もないという場合や、少しでも採択率を上げたいという場合は、申請書の作成をご相談いただくことも可能です。弊社では熊本の小規模事業者持続化補助金の申請書作成に多くの実績がある行政書士とのネットワークを形成しており事業者様の状況やご希望に合わせて補助金申請のサポートが可能です。




持続化補助金の申請の際には、どんな経費をいくら予定しているのかについても事前に盛り込む必要があります。ホームページの作成やネットショップの作成の費用については、事前に弊社までご相談ください。


補助金活用の無料ご相談はこちら

補助金制度について、制作費の御見積もりや補助金採択時の自己負担について、ホームページの運用について、などなどお気軽にご相談ください。気になる疑問や不安は解消しておきましょう!

お名前 ※必須


会社名 ※必須


お電話 ※必須


Email ※必須


補助金についてのご相談 ※必須


  


ホームページ制作 フルスイング株式会社|熊本

TOP